Outfit Ideas

ニコチンが含まれていない

現在では、人前で堂々とタバコを楽しむことは難しくなりました。そこで、タバコの代わりになる嗜好品を選ぶ人も増えています。特に電子タバコは人気がありますが、紙タバコとどんな違いがあるのかも気になるところです。

紙タバコはライターなどで加熱することで、楽しむことができますが、このときには有害な物質も発生し、吸っている本人だけではなく、周囲にも悪い影響が出ることが心配されています。ニコチンやタールが含まれているのも特徴ですが、ニコチンは依存しやすい傾向にあり、それゆえに禁煙の成功を難しくしています。これに対して電子タバコは、ニコチンやタールなどの有害な物質は含まれておらず、火を使わずの熱伝導でリキッドを温めます。それにより発生する水蒸気を吸い込むのが大きな違いです。

タバコにはない様々なメリット

電子タバコを利用するメリットは、タールやニコチンが含まれていないことだけではありません。煙が発生しないので、周囲にも迷惑がかかりにくい、髪の毛や衣服、部屋などに臭いがつきにくいこともあげられます。電子タバコを吸っている間は、紙タバコを吸わずに済みますので禁煙にも良い効果が期待できます。リキッドも豊富に用意されており、様々なフレーバーから好みに合うものを選べるのもメリットです。火を使わないので安全性も高く、コストパフォーマンスにも優れています。始める際は、スタータキットなどの購入に初期費用が発生しますが、その後はリキッドなど消耗品の購入費用だけで済みます。

vapeのおすすめ商品(初心者向け)に関してですが、購入してすぐに・簡単に使用できるスターターキット商品を選んでおけば、まず間違いはないでしょう。好みのフレーバーリキッドもセットで購入するとよいでしょう。